メニュー

筆跡鑑定 R&I 印影、印鑑鑑定
遺言書、偽造文書の指紋鑑定

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

筆跡鑑定、指紋鑑定の事例ファイル

Case3.
相談者:51歳 男性 会社員

相談者は某一流企業の総務部に所属勤務するサラリーマンである。
事件は遡ること3ヶ月前のある日、相談者の勤務する会社の部署宛に、相談者の部下とその同僚女性のことを誹謗中傷する差出人不明の手紙が届いた。

社内の就業規則では、社内恋愛の禁止は特に謳っていないものの、送られてきた怪文書には、企業秩序や風紀を乱す行為の禁止規則に違反していると書かれている。

相談者の部下と同僚女性は、社内ではまじめに仕事をしており、両名が交際している事実をほとんど他の社員には知られていないほどである。
部下から相談を受けた直属の上司である今回の相談者は、2人が来春には結婚をする予定である事を事前に報告を受けており、両名が交際している事は前々から知っており温かく見守っていた訳である。

そして、今回は誰かの悪戯かもしれないので、いったん手紙は預かっておく事でしばらく様子を見る事となったが、最初の手紙が送られてきてから1ヵ月後、またも同様の怪文書が部署宛に送られ、更には取引先へも送られていた事が判明した。

書かれている内容は、両名が交際している事以外は事実とは異なり、会社のコンプライアンスを問われる内容であったり、この問題に対応しない会社の姿勢に関する悪評や信用不安説を流布する内容にまで発展している。

会社としては、さすがに看過する事は出来ない問題と判断し、これ以上この問題がエスカレートする前に犯人を突き止め、事件の早期解決をはかるため、専門機関に相談し、筆跡鑑定を依頼をする事とした。


結果
今回、送られてきた2通の快文書は、定型形郵便封筒で怪文書はA4普通用紙で1枚ある。

書面はワープロ内のため、筆跡鑑定は不可能であるが、封筒の宛名書きは直筆となっているため、今回の鑑定資料は封筒の宛名文字である。
内容については、相談者の部下と同僚女性が交際していることを非難する内容であり、部署名や取引先を知る事実は社内の人間の可能性が高い。
このことから、犯人と思しき数名の社員の筆跡を秘匿採取し、判定を行うと、同社内で相談者達とは別の課に勤務する同僚の筆跡であることが判明した。

被疑者である同僚は当初犯行を否認していたが、別途指紋鑑定を行ったところ、怪文書と同僚の触った書類から共通指紋を検出した結果、この同僚の指紋が見つかり犯人が特定された。

指紋鑑定の事実を踏まえ被疑者を聴取した結果、犯行を自供したことをもって、自主退職扱いで解雇される見通しである。

>>>事例ファイル一覧に戻る


筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定、裁判証拠






筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定、裁判証拠




事態は一刻を争う可能性も!今すぐ行動、ご相談を!

時間が経過するほど、証拠は失われます。

 0120-477-885
 info@randi-supply.com
 
本社:〒141-0022
 東京都品川区東五反田1-10-7
        AIOS五反田ビル

東京都港区高輪1-4-26高輪東誠ビル(旧本社)


当社の筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定、遺言書、偽造文書、サインの鑑定は、
トップレベルの実績との評価
を頂いております。

ご依頼の際には、明瞭な費用の設定、安心料金にて精度の高いサービス提供を約束いたします。

当社へのアクセス

〒141-0022
東京都品川区東五反田1-10-7
AIOS五反田ビル
JR五反田駅 徒歩3分
都営地下鉄浅草線 五反田駅 徒歩2分
0120-477-885

インフォメーション


コンタクト


筆跡鑑定、印鑑、印影鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定など
ご相談は R&Iネットワーク

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

東京を拠点として、筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定などの業務を行うR&I
ご相談は無料です! ご連絡お待ちしております。

お取り扱いサービス


0120-477-885

筆跡鑑定、印鑑・印影鑑定お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538