相談、依頼の手順
鑑定書について
料金表
会社概要
よくある質問
お問い合わせ
鑑定事例集


 株式会社
 アール・アンド・アイ
 フリーダイヤル
 TEL 0120-477-885
 TEL 03-5798-4688
 FAX 03-5798-4728
 
 info@randi-supply.com










  【東京 本社】
東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川−横浜】
TEL:0120-923-180

【関西−大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

その他のサービスは、
下記サイトを参照下さい。



筆跡鑑定専門サイト
無料相談・依頼の
問合せ窓口

筆跡鑑定の依頼は安心料金のR&I までご相談下さい。


   


 





お急ぎの際は電話にて問合せ下さい。

依頼と相談のお問い合せをお待ちしております。

フリーダイヤル0120477885
  問い合せ専用フォーム  mail:info@randi-supply.com

   本社:〒141-0022
  東京都品川区東五反田1−10−7AIOS五反田ビル


様々な鑑定の相談、対象物のご依頼例


 

アール・アンド・アイでお引き受けする事例と主な対照物

不特定多数より同一か否かの特定

ボールペンや万年筆等で記された重要文書の署名、サイン、偽造文字筆跡鑑定
  ・婚姻届、離婚届
  ・偽造した或いは偽造された遺言書・遺言状、遺産問題・相続鑑定

郵送、手紙差出人の特定 識別、証拠や参考資料、判断材料として
  ・誹謗中傷、怪文書、嫌がらせ(いやがらせ、いじめ) 脅迫文や脅迫状の筆跡

偽造文書筆跡鑑定
  ・契約書、委任状、金銭借用書、会社、法人文書などの偽造鑑定
  ・公正証書(有印私文書偽造、有印公文書偽造)

偽造された印章、印影、印鑑鑑定

数字や文字列の改竄(改ざん)、特定 筆跡鑑定、証拠や参考、判断材料
  ・法人経理 小切手 請求書 領収書(領収証) 伝票 手形 などの改竄(改ざん)

その他
  ・ワープロ、印刷物、印字、不明文字、筆跡の識別、特定
  ・偽造 合成 特殊加工処理した・された写真鑑定
  ・古美術品や刀、絵画の診断、判断
  ・交通事故、事故、犯罪にかかわる調査分析、解明と解析
  ・微物、成分、繊維などの法科学鑑定、分析、解析と調査
  ・年代鑑定
  ・あらゆるケースの偽造問題、被害対策

社内不正の証拠や参考資料、トラブル、問題解決、判断材料として
  ・企業不正、不正経理 など

犯罪、詐欺に関わる被害と問題、訴訟・裁判鑑定、証拠資料収集

アール・アンド・アイでは、
必要とされる要望に沿ったサービスの提供を可能としております。
上記以外の相談、依頼にも対応可能ですので、先ずは問い合わせください。





指紋鑑定については、専門サイトがございますので、参照ください。







交通事故、事故に関する調査・鑑定は専門サイトを参照ください。




 

筆跡鑑定依頼と相談のお問い合せ

フリーダイヤル0120477885
    mail:info@randi-supply.com

R&I 法科学筆跡鑑定センターからのお約束


 

ご要望、相談質問事項については、遠慮なく問合せください。
サービス内容や疑問点、予算、鑑定費用や調査料金についてなど、
納得されるまで説明いたします。

 

経験豊富な専門分野の調査士や、筆跡専任の鑑定士による、ご用途にあわせた
簡易、自己納得型の報告書の作成を始め、
弁護士からの依頼、民事、訴訟、裁判証拠資料にご利用いただける
クオリティーの高い鑑定書を作成し、サービス提供する事をお約束します。

筆跡鑑定の基礎知識とポイント


 

基礎知識

筆跡鑑定では、二つ以上の文書・文字に対して、下記項目を比較、照合します。
@文字筆跡の形態(縦長や横長、角型や丸型など)
A書かれ方(はね・止め、くずし方、筆圧など)
B筆癖(癖字や筆順の違い、点画の位置など)

また、人は意識的に、
・自身の筆跡を隠す(偽筆(ぎひつ))
・他人に似た文字を書く(模書(もしょ))ことが可能であるため、
筆跡鑑定を行う際は、コンピュータなどの判定だけでは不十分、不完全となります。

このため、筆意(ひつい)という、文字を執筆する際の「意思」などを汲み取り、
専門の「筆跡鑑定人」が、総合的に判断することになります。

5つのポイント

@筆跡個性
  ・人に個性があるのと同様に、表れる「書き手独自の個性」のこと。

A筆跡個性の恒常性
  ・繰り返し同じようなパターンで表れる、規則性。

B希少性
  ・平均的なものと大きく異なるもので、筆跡鑑定の重要な鍵となる。

C無自覚性
  ・意識されずに微妙な形で表れるため、真似ることは困難。

D個人内変動
  ・個人における変化は、筆跡にも大きく現れるため、筆跡鑑定を困難とする。

R&I では、これらの要素を総合的に検証、考察して判別、判定を行います。

経験豊富な専門分野の調査士・筆跡鑑定士による、ご用途にあわせた
簡易、自己納得型の報告書の作成を始め、弁護士からの依頼、
民事、慰謝料請求、告訴、告発、調停、訴訟、裁判証拠資料、損害賠償請求や、
刑事事件にもご利用いただけ、裁判所 検察庁、警察署 当局への提出も可能な
クオリティーの高い鑑定書を作成し、サービス提供する事をお約束します。

必要とされる要望に沿ったサービスの提供を可能としております。



当社の筆跡鑑定は、トップレベルの実績との評価を頂いております。





    mail:info@randi-supply.com

 

          Ccopyright(c) RandI.All Rights Reserved.
当 サイト内に掲載された全ての内容について無断転載・複写・複製・盗用を禁じます。